紙と本

ご希望の方はお電話ください。
03-3944-4470

 

ホルスト・ヤンセン画集紹介(1)

ボベタニアンはヤンセンの造語。

「ボベツの風景」という意味か。

1990年5月、ヤンセンは61歳の時、自宅のベランダごと崩落、

エッチング用の硝酸の飛沫が目にかかるという事故に遭う。

     著しく目に損傷を負ったヤンセンが、同年9月から、制作した107の風景画、それが、

「ボベタニアン」と呼ばれるシリーズ。

1頁目 ヘイドラン・ボベツと刻まれている。当時の可愛い恋人の名。

絡み合う樹木をインクや水彩絵の具、鉛筆で描く。

希望と諦めの言葉が所々に挟み込まれる、

ぺージをめくるごとに映し出されてゆくヤンセンの心の風景。

画面の中に、日付とともにあるのは「もう生きたくない」「終わらない」「老人は風景を夢見る」「葉がひっくり返ったとき」「ホラーの後で」などの言葉。

溢れ出る情熱を受け止めたのは8割方、紙舗 直の手漉き紙。極薄の紙(86)、柿渋の紙(5)、破れた紙(37)、店主坂本からの手紙の裏(25)等々。(括弧の数字は作品番号)

1990年9月13日から12月31日までの間に書かれた107作。

紙の厚み、サイズ、縦横のプロポーションは様々、107の風景は107の情熱。


ホルスト・ヤンセン画集、心が熱くなる一冊です。



画集名  BOBETHANIEN(ボベタニアン)  

発 行  1991年

サイズ  32×43.5cm

価 格  20,000円

 

Copyright© 2020 by Paper Nao ALL Rights Reserved.